Debian Ubuntu などなどが使える VPS ホスティング Linode を使ってみました


いらないグラフ、間違って作成したグラフを削除する方法

デバイス単位で削除する場合

  1. consoleメニューから[Devices]を選択。
  2. 表示されたデバイスのリストから削除したいデバイスの右側にあるチェックボックスを選択。
  3. 画面下部にあるChoose an action:ドロップダウンリストからDeleteを選択。
  4. 画面下部の[go]ボタンをクリック。
  5. Delete確認ボックスが表示されるので、以下の内容で選択し[yes]ボタンをクリック。
Leave all graphs and data sources untouched.
このデバイスで作成したグラフやデータソースを全てそのまま残しておく
Delete all associated graphs and data sources.
このデバイスで作成したグラフやデータソースを全て削除する

グラフ単位で削除する場合

  1. consoleメニューから[Graph Management]を選択。
  2. 表示されたグラフのリストから削除したいグラフの右側にあるチェックボックスを選択。
  3. 画面下部にあるChoose an action:ドロップダウンリストからDeleteを選択。
  4. 画面下部の[go]ボタンをクリック。
  5. Delete確認ボックスが表示されるので、以下の内容で選択し[yes]ボタンをクリック。
Leave the data sources untouched.
このグラフのデータソースをそのまま残しておく
Delete all data sourcesrefercnced by these graphs.
このグラフが参照しているデータソースを全て削除する

データソース単位で削除する場合

  1. consoleメニューから[Data Sources]を選択。
  2. 表示されたデータソースのリストから削除したいデータソースの右側にあるチェックボックスを選択。
  3. 画面下部にあるChoose an action:ドロップダウンリストからDeleteを選択。
  4. 画面下部の[go]ボタンをクリック。
  5. Delete確認ボックスが表示されるので、以下の内容で選択し[yes]ボタンをクリック。
Leave the graphs untouched.
このデータソースを参照しているグラフをそのまま残す
Delete all graph items that reference these data sources.
このデータソースを参照しているグラフアイテムを全て削除する
Delete all graphs that reference these data sources.
このデータソースを参照しているグラフを全て削除する

Debian Ubuntu などなどが使える VPS ホスティング Linode を使ってみました


Reload   New Edit Unfreeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes